アルコール感受性遺伝子検査

アルコール感受性遺伝子検査

遺伝体質から飲酒による健康リスクを把握する

 費用:5,806円

WEBレポート 郵送レポート 15営業日

お酒が強い(飲める)・弱い(飲めない)を調べるだけではなく、「どんな体質なのか?」「飲酒により、将来健康に対してのどんな悪影響がでやすいのか?」を知ることができます。
医療機関や企業、大手エステサロン、パーソナルトレーニング等への導入実績が豊富な、遺伝子検査サービスの老舗的立場にあるハーセリーズの提供する個人向け遺伝子検査サービスになります。

詳細を見る 公式サイト

 ハーセリーズの遺伝子検査

遺伝子検査サービスにおいて長年の実績を誇り、医療機関や企業等への導入実績が豊富な企業が母体となる個人向け遺伝子検査キットになります。
商品の発送~検査まですべて自社完結なので、試料や情報が委託先を駆け巡るようなことはなく安心できます。

  1. CPIGI認定(一般社団法人遺伝情報取扱協会)
    個人の遺伝情報を厳格に保護することを目的として、経産省と連携し制定されたCPIGI自主基準を遵守した、健全・適正なサービスであると認定
  2. 国際規格「ISO27001」取得
    さまざまな情報資産を守り有効に活用するための情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格
  3. 登録衛生検査所の登録

ハーセリーズの遺伝子検査一覧

 遺伝子検査の目的

遺伝子のタイプを知ると、飲酒継続による病気のリスクがわかります。

人間の持つアルコールに対する感受性(酔っ払いやすさ、お酒の残りやすさ)は、主に2つの遺伝子(ALDHとADH1B)で決定されます。こちらを検査で調べます。
自身のアルコール体質を遺伝子レベルで知ることにより、単にお酒が強い(飲める)、弱い(飲めない)を判断するだけでなく、「どんな体質なのか?」を理解し、「飲酒による健康障害のリスク回避」に役立てることが大切です。
公式サイトより引用

 特徴

わかりやすいDNA結果レポートだけではなく、結果から導き出される具体的なアドバイスを得ることができます。
お酒の好き嫌いだけではなく、将来の病気リスクを知ることでお酒との上手な付き合い方を意識的に考え、行動できるようになりますね。

  1. 「お酒が飲める体質か、飲めない体質かどうか」分析
  2. 「お酒が強いか、弱いか、飲めないか、そして飲酒により健康への影響が高いか」分析
  3. 具体的な結果レポート
    アルコール体質の分析結果、9分類遺伝子型、一次予防のポイント、栄養アドバイスなどから適切な飲酒のアドバイス

 ユーザー層

公式サイトの公表値やメーカープレスリリースの他、当サイト経由での申込件数や閲覧ユーザー層の統計から、この遺伝子検査の支持者層の傾向になります。

こちらの遺伝子検査キットは、特に20~50代、男性・女性、お酒を飲む機会が多い方、お酒を上手く断りたい方になる方に高い支持を得ています。

 一度の検査で安心を手に入れる

遺伝子は生まれた時から変わらない専用の情報源です。生活習慣、生活環境、加齢による影響を受けることはありませんので、一生に一度の検査で様々なリスクや特性を知り、対策を講じることができる教科書になってくれるはずです。

例えば健康診断のように、その時その時の状況確認を目的とした検査も大切ですが、根本的特性、遺伝的リスクを知ることは「鬼に金棒」ゴールまで遠回りしない近道を知ることができるのではないでしょうか。

 基本情報

検査方法 ほほ内の粘膜を採取(無痛)
検査結果 約15営業日
WEBレポート
郵送レポート(+500円)
検査費用 5,806円
郵送レポートオプション+500円
支払方法 各種クレジットカード
代金引換

公式サイト